涙活って何?ストレスが解消される理由とやり方を解説!

こんにちは。いとです。

 

皆さん最近泣いてますか?

大人がなくなんて恥ずかしいと思っている人も
多いと思いますが泣くことに
とてもいい効果があるのはご存知ですか?

それがストレス解消です。

 

実は少し前に流行ったので知っている人も
いると思いますが涙活という名前で
紹介されたストレス解消法です。

 

前回ストレスって何なのか書いたのですが
その中にストレス解消法として涙活を紹介しまし。
しかしあまり詳しく書けなかったので
今回は涙活について詳しく解説していきたいと思います!

 

 

涙活とは

 

涙活とは先ほども言いましたが
涙を流すことでストレスを解消する方法です。

意図的に泣く状況を作ってあげて
涙を流すことでストレスを
解消するというものですが
これを行うイベントなんてものもあります。

 

それほど効果が期待でき、
簡単にできるということなんです。

 

 

ストレス解消の仕組み

 

涙を流しストレスが解消されるため
たくさんの人が実践していることが
わかりましたがなぜ涙を流すだけで
ストレスがなくなるのでしょうか?

 

その理由は交感神経と副交感神経にあります。

交感神経は日中に働く自律神経のことで
体を活発に活動させるように勝手に作用するものです。

一方副交感神経は夜に働く自律神経のことで
体をリラックスさせる作用があります。

 

この副交感神経が優位な状態の時、
リラックスできているときに
ストレスが解消されるんです。

 

さらに涙にはストレスホルモンが
含まれているため涙と一緒に
ストレスを排出してくれるんです。

 

ほかにも涙を流すとエンドルフィンという
快楽物質が多く分泌されるため
泣き終わるとすっきりすることができるんです。

 

涙はこの副交感神経が優位な状態の時に
流れるので涙活は意識的に副交感神経を
簡単に有意な状態にできるため
注目されているんです。

 

 

涙活のやり方

 

さて、ここからは涙活のやり方について
書いていきたいと思います。

 

 

涙の種類

 

涙活は涙を流すといいますが
どんな涙でもいいわけではありません。

涙にも種類があるんです。

涙の種類

感情性分泌の涙(感動したときに流れる涙)

基礎分泌の涙(ドライアイから守る涙)

反射性分泌の涙(玉ねぎを切ったときに流れる涙)

これらのうち涙活に使えるのは
感情性分泌の涙だけです。

 

感動して涙を流すのは副交感神経が
しっかりと働いている状態なので
涙を流すとストレスを発散することができます。

 

一方基礎分泌の涙と反射性分泌の涙は
自己防衛のために流している涙ですので
副交感神経とは無縁の涙です。

そのため涙活には向いていないんです。

 

 

とにかく泣く!

どの涙が涙活に向いているの
かわかったところでどうやって
感情性分泌の涙を流すのかです。

 

特に決まった方法はありませんので
とにかく泣きましょう!

 

一番手っ取り早いのが感動映画を見ることです。

アニメでも実写でも感動して泣ければそれでよし!

音楽を聴いて泣くのもいいですし本で泣くのもいいです。

とにかく感情を揺さぶって泣くことができればいいです。

自分の一番泣きやすいものを選んで思う存分泣いてください!

 

映画や音楽、読書など
すべて一人でできることなので
周りを気にせず泣けるのも涙活の魅力ですよね。

 

 

まとめ

 

悲しいことや嬉しいこと、
様々な理由で涙を流すことがあると
思いますがどんな時でも泣くのを
我慢しないでくださいね。

 

涙にはストレスを解消し
エンドルフィンという快楽物質によって
すっきりとできますのでため込まずに
どんどん出してしまいましょう。

 

涙を流して明日からまた頑張っていきましょう!

 

以上!いとでした!