ペルソナ設定って何? いまさら聞けない基礎情報

こんにちは。いとです。

 

皆さんペルソナ設定って何か知っていますか?

 

商品開発の場面やマーケティングの場面で
よく出てくるペルソナ設定ですが
いったいどのようなものなのでしょうか?

 

今回は
いまさら聞けないペルソナ設定基礎
について書いていこうと思います!

 

 

ペルソナ設定って?

 

まず初めにペルソナ設定とは何なのでしょうか。

 

先に答えを言ってしまうとペルソナ設定とは
顧客ターゲットの中でも
特に象徴的な顧客を設定することです。

 

例えば
どんなものを製造・販売する場合でも
どんな人をターゲットにするかを決めますよね。

 

お菓子を製造販売するとき
ターゲットを20代男性とした場合
ターゲットの範囲が広すぎますよね。

 

20代男性といっても働いている人もいれば
大学に通っている人だっています。

 

働いているか大学に通っているかでは
自由時間や貯金額なども違ってくるため
どんなお菓子でどんな価格設定をして
どんな販売方法をとったらいいのか決め手に欠けるのです。

 

そんな事態を回避するために
仮想の人物でも実際に身近にいる人でもいいので
一人決めることで先ほどの問題を解決しやすくなるのです。

 

このように
人物を設定することで
あらゆる物事を考えやすくすること

ペルソナ設定をいいます。

 

 

ペルソナ設定のメリットは?

 

ペルソナ設定がどのようなものかわかったうえで
ペルソナ設定を行うメリットを書いていきたいと思います。

 

まず初めにペルソナを設定るメリットは
簡単に分けて二つあります。

 

一つ目はユーザーの視点で物事を考えることができる
二つ目はイメージの共有がしやすい

ということです。

 

それぞれ順番に見ていきましょう。

 

 

ユーザー視点で物事を考えることができる

 

ペルソナを設定するということは
特定の人物を決めるということなので
ユーザーの視点で物事を考えやすくなるんです。

 

大学生という風にターゲットを決めても
実家暮らか一人暮らしで状況が大きく変わってきます。

 

しかし、一人の人物を設定することで
どんな行動をするか予想しやすくなるのです。

 

例えば
大阪で一人暮らしをしている20歳男子大学生。
仕送りは家賃のみで多くのSNSを使ている。
趣味はなくインドア派で休日は携帯ばかり触っている。

 

こんな人物を設定すると
お金がないことは明らかですし、
SNSから情報を得ていることがわかります。
携帯ばかり触っているということはテレビもあまり見ないでしょう。

 

これらから価格設定は安いほうがいいですし、
広告を貼るならSNSやウェブサイトに出した方が
見てもらえるということが予測できますよね。

 

このようにユーザーがどこから情報を集めているのかや
どれくらいの価格なら買ってくれるのかなど
ユーザー視点で考えることで物事を決めやすくなるんです。

 

 

イメージの共有がしやすい

 

ペルソナ設定をすることで
ユーザーがどんな人なのか
製作・販売をする人達に共有しやすいんです。

 

初めに言ったように
20代男性よりも25歳男子大学生のように
より具体的な人物でイメージを共有するほうが
ターゲットのイメージにずれが生じにくくなるんです。

 

例えば
制作側のイメージがチャラい大学生、
販売側のイメージが爽やか系大学生だった場合、
商品のコンセプトから変わってきてしまう可能性だってありますよね。

 

さなズレでもきなズレになってしまうことがあるので
きちんとペルソナ設定をし、
イメージ共有をしやすくする必要があるのです。

 

 

まとめ

 

いまさら聞けない
ペルソナ設定の基礎知識について書いてきましたが
マーケティングの際には
やるべきことの一つなので
きちんと理解しておきましょう!

 

ペルソナ設定の基礎知識を持って、
実践するだけで物事の考え方が変わると思いますので
上手に使っていきましょう!

 

以上。いとでした!