ブランディングって何?おすすめの方法はこれ!

こんにちは。いとです。

 

皆さんはブランディングについて考えたことはありますか?

何をしているにしてもブランディングは
とても大事なことの一つです。

 

特にビジネスをしている人にとっては
ブランディングは必要不可欠です。

なので今回は
どのようにブランディングを行なっていくべきなのか
について書いていきたいと思います。

 

 

ブランディングとはなんなのか

 

まず初めにブランディングについて
説明していこうと思います。

ブランディングとは
名前にもあるように
ブランドを確立するための
工程全てを指します

 

ブランドといえば
GUCCIやCHANELといった
ハイブランドを思い浮かべる人も多いと思いますが
そういった高級なもののことではなく
会社や商品を他社のものと区別されているものをブランドと言います。

 

デザインや商標、キャッチフレーズなど
様々な要素で作られるのがブランドです。

 

そのためGUやDAISOなどの
安い商品を売っているものでもブランドなのです。

 

つまりブランディングとは
この商品といえばこの会社というように
消費者の意識に浸透させるか考え行動すること
を言います。

 

ではどうブランディングをしていくのでしょうか。

 

 

ブランディング方法

 

まず結論から言ってしまうと
ブランディングのために何かをする必要はありません。

 

どういう商品にしたいのか、
どんな風に認知してもらいたいのか
と言った考えを根底に持っていれば
知らないうちにブランディングになるのです。

 

例えば商品を作ったとします。
ブランディングをするにしても
まずは会社名や商品名を
知ってもらう必要がありますよね。

 

そのため広告を出すとします。
その時にどのように打ち出すかを考える根底には
どんな風に認知してもらいたいかという考えがありますよね。

 

これは特にブランディングなどを考えていなくても
考えることなので特にブランディングのために
何かをするという必要はないのです。

 

自分の商品の価値を明確にしたうえで
その価値を正確に伝えるように
行動していくとブランディングになるので
難しく考える必要はないのです。

 

 

一部を隠し興味をひかせる

 

もしもブランディングのために何かをするとすれば
全てを打ち明けないことをおススメします。

 

人は何かが欠けていると気になってしまうものですので
全ての情報を出してしまうと興味を持ってもらいにくくなります。

 

ドラマやバラエティ番組などで
CMや番組が終わるタイミングを考えてみてください。

 

ドラマでは次の展開がどうなるか気になるように
クライマックス前に終わり、
次回予告で少しだけ情報を見せ、
どうなっていくのか気になる状態で終わりますよね。

 

バラエティ番組でもCMに入るときは
何か面白いことが起こる前だったり
クイズ番組では答えを出す前にCMに入ったりしますよね。

 

これは番組に興味を持ってもらうために
わざとこのような切り方をしているのです。

 

ドラマが毎回一話完結であれば
「一度くらい見逃してもいいや」
と見ないという人が出てくる可能性がありますし、
バラエティやクイズ番組の場合も
CM中にチャンネルを変えられる可能性があります。

 

それを防ぐために興味を持たせ繋ぎ止めているのです。

 

これはブランディングにも使えて
情報を全て出さないことで疑問に思ってもらい、
興味を持ってもらうというものです。

 

例えば少し前にTwitterでも話題になった
「小1起業家」などもそうですね。

 

小1起業家とだけ聞くと
「小1で起業家ってどういうこと?」
「どんな分野で起業したんだろう?」
といった疑問が湧き、次第に興味に変わっていきますよね。

 

この小1起業家はポケモンカードを買うために
家でコーヒー店を作りお金を稼ぐというものです。
全ての情報を出してしまうとそれだけかと
感じる人もいると思いますがこれだけで
テレビで紹介されるほどになりました。

 

このようにまずは興味を持ってもらうために
全ての情報を出すのはやめ、
自分の考えるブランドに近いものにうまく誘導すると
うまくブランディングができます。

 

 

まとめ

 

ブランディングは特にすることはないのですが
他とは違い、より興味を持ってもらいたい場合は
今回紹介した一部の情報を隠すということをやってみてください。

TwitterやInstagramなどのSNSのプロフィールで
このスキルを使うとDMをたくさんもらうことができますので
試しにやってみてください!

 

 

以上。いとでした!