印象は少しの違いで大きく変わる。

こんにちはいとです。

 

普段僕たちは何気なく会話をしていますが
その中でたった一言、
言い回しを変えるだけで
印象を大きく変えることができるのは
ご存知でしょうか?

 

伝え方を変えるだけなので
誰でも簡単に実行できますし、
相手により良い印象を与えることができます。

 

今回はどのようにすれば
良い印象を与えることができるのか
書いていこうと思います!

 

相手を特定する。

 

ブログを書いている人なら
わかると思いますが
ブログに書かれているのは
「皆さん」など
複数の人に訴えかける書き方をしています。

 

しかし実際に読んでいるのは
あなたのように1人なんです。

 

ブログは不特定多数の人に対して
発信しているので皆さんでも間違いではありません。

 

しかし、僕と読者の繋がりは1対1なんです。

なので読者の人に訴えかける場合は
「皆さん」ではなく「あなた」を使うべきなんです。

 

このように呼び方を変えるだけで読者の人は
より自分のためにこの文章は書かれていると感じるんです。

 

学校のようにクラス全員に授業をすると
他の人に解答権が当たるから
自分は適当に聞き流せばいい
という考えの人が出てきてしまいます。

 

しかし、一対一の授業なら
解答権は必ず自分に当たると
わかっているため理解しようと努力をしますよね。

 

たった一言を変えただけですが
このように誰に向けて言っているのか
明確になり、理解しようと努力するようになるんです。

 

 

言い回しを変える

 

言い回しを変えるだけで
印象を操作することができるのですが
意識したことはありますか?

 

よく嫌なことをはっきり嫌というのではなく
遠回しに嫌だと伝えることが多いですよね。

 

しかし遠回しに言うくらいなら
直接嫌だと言って欲しいと感じる人もいれば、
遠回しに行ってもらった方が嬉しいという人もいます。

 

考え方は人それぞれなので難しいですが
次の場合はどうでしょうか?

 

パン屋さんであなたが買おうとしていたパンが
売り切れていました。
その時店員さんが放った一言です。

 

「すぐに運ばれてきますのでもうしばらくお待ち下さい」

「焼き立てをご用意いたしますので今しばらくお待ち下さい」

 

ほとんどの人が後者の方が印象がいいと答えるはずです。

 

今回の違いはパンがどんな状態なのか
わかるか否かです。

 

すぐに運ばれてきますって言われても
普段買っているパンとの違いはないのですが
焼き立てだと言われるとそれだけで
特別感が生まれるんです。

 

このように言い回しを変えるだけで
印象をガラッと変えることができるんです。

 

 

まとめ:たった一言で印象は大きく変わる

 

相手に良い印象を与えたいのであれば
まずは考えてみましょう。

 

どうしても自分にとって当たり前の情報は
相手もわかっていると感じてしまうため
情報が乏しくなってしまいます。

 

そうならないために相手の立場をよく考え、
誰に言っているのか、
どの言い回しが一番好印象を与えられるのか
を考えてみてください!

ほんの少し考え、
変えるだけで印象を操ることができるので
一度試してみてください!

 

以上!いとでした!